一人暮らしの寂しさを紛らわすために出会い系を使いました

・何年経っても一人暮らしの寂しさが消えない
高校を卒業して、そのまま就職しました。就職を機に一人暮らしを始めたのですが、それまで実家暮らしだった私にとっては一人暮らしは寂しすぎました。「そのうち慣れる」といろいろな人に言われたのですが、私の寂しさは消えることがありませんでした。就職先には年上の人ばかりで、同世代の友達もいません。仕方がないと思いつつ何年も一人暮らしを続けましたが、20代になってもその寂しさは変わりませんでした。気が紛れるかと思ってSNSに手を出したこともあったのですが、余計に虚しくなってしまって、途中でやめてしまいました。

出会い系の寂しい女性狙い

・寂しさを紛らわせるために出会い系を
SNSをやっても余計に虚しくなるだけで、かといって街コンなどに参加するような柄でもありません。いろいろ考えていた時に女性誌に載っていた出会い系の広告が目に留まりました。ただ、出会い系にはあまりいいイメージがなかったので、かなり迷っての利用でした。でも、実際に使ってみると思っていたよりも普通ですし、SNSなんかよりよほどマナーもしっかりしているような感じがしました。私と同じように寂しさを抱えている人も結構見つかりましたし、そういう人とメールで話をするのは本当に面白かったです。仕事以外の時間は基本的に暇だったので、暇な時間はずっと出会い系を使っていました。使えば使うほど、出会い系を使いこなせているような気がして、気分がよかったです。

・近所に住んでいる人と会って寂しさが消えた!
いろいろな人とメールをしたのですが、その中のひとりが本当にすぐそこレベルの近所に住んでいる人でした。なんとなく会うことになって、いろいろと話をするようになると、お互いの考え方がすごく似ていることに気付きました。どちらかが何かを言えば、どちらかが「あー、わかる」と同意するような感じでした。同じように寂しさを抱えながら生きているということもあり、何かとふたりで会うことが多くなり、自然な流れでお付き合いすることになりました。近所なのでしょっちゅうお互いの家を行き来していますし、そうしているうちに寂しさも消えてしまいました。のんびりとしたペースではありますが、お互いに心地いい関係を続けることができています。

女性に共感してもらえることができるれば、親近感が湧いて、警戒心が解けて、デートに誘いやすくなり成功率が上がります。相手のプロフィールをよく読んで、興味が無くても調べられることならスマホで調べて話をふってみましょう。大体流行りのことが多いので、他でも使えるので、知識として増やすことは損ではないですよ!共通の話題は無かったら作る!これが他の人とのメールの差になります。

出会い系サイト・アプリは好感が持てる返信がポイントになります。さわやかにアプローチしましょう。